脳梗塞は迅速に改善する|病を克服して快適健康ライフ

医者

予防することが可能です

CTスキャン

脳梗塞は血管のつまりによって引き起こされる病気で、血液がドロドロになってしまうという特徴があります。しかし自分の血液状態を確認することは簡単ではないため、内科などの医療機関に出向き一度診察を受けてみることが大事です。

脳の病気の対策

老人

脳動脈瘤の治療法については、経過観察していく場合もあるので、医師とよく話し合いましょう。生活習慣を正すだけでも脳動脈瘤を防ぐことが出来るので、規則正しい生活を送るよう心がけてください。

脳の動脈にできるこぶ

老人

脳動脈瘤が破裂してくも膜下出血がおこると、非常に激しい頭痛、吐き気や嘔吐、意識の喪失などがおき生命を失うこともあります。脳動脈瘤の診断にはMRIやCTが用いられ、破裂を未然に防ぐ治療には血管クリップ法と血管内塞栓術があります。

生活習慣の改善が必要です

治療しにくいといわれる転移がんに最適な治療法の一つをこちらのクリニックで受けることができるため確かめておきましょう。

多くの日本人が患者となっています。脳梗塞を予防するなら、生活習慣を規則正しくしましょう。気になる予防法を紹介中!

動脈硬化が原因です

CTスキャン

脳梗塞や心筋梗塞が原因で亡くなる方は、毎年後を絶ちません。脳梗塞や心筋梗塞は、脳や心臓に栄養や酸素を供給する重要な動脈が詰まり引き起こされる病気です。要するに、脳梗塞が起こると脳の組織が壊死してしまい、ひどい場合には死に至り、助かったとしても後遺症が残るケースが多いのです。また、心筋梗塞では心筋が壊死してしまい心不全となり高い確率で死亡するのです。そして、これらの大きな原因として動脈硬化が挙げられます。動脈硬化とは、塩分の摂り過ぎや、血液中のコレステロールや中性脂肪の増加によって、動脈が硬くなって弾力性を失うことを指します。動脈硬化が起こると、血流が悪くなり動脈内に血栓ができやすくなって、血管が詰まりやすくなるのです。脳の病気である脳梗塞は、残念ながら自力で治療することも発症を予見することもできません。ある日突然倒れてしまうことが多い病気でもあるため、定期的な検査を行うことがかなり重要視されています。突然の脳梗塞により命を落とす危険を避けるためには、医療機関で年に1度の定期健診を受けましょう。特に40代を過ぎた方にとっては健診が障害寿命を大きく左右します。

動脈硬化にならないために

最近の研究では、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす動脈硬化は、悪玉コレステロールが深く関与していることが分かってきました。特に悪玉コレステロールの酸化が進むと動脈硬化になりやすいと言われており、動脈硬化にならないためには、生活習慣を改善することが重要なのです。例えば、脂っこい食べ物は避け、適度な運動も大切です。また、悪玉コレステロールの酸化を防ぐためには、抗酸化作用が高いポリフェノールを多く含んだ食品を摂ることも重要です。また、トマトに含まれているリコピンにも強い抗酸化作用があることが知られており、これらの有効成分を摂るために数多くのサプリメントが販売されています。また、血液をサラサラにすると考えられているDHAやEPAも脳梗塞や心筋梗塞を予防する効果が期待できます。