脳梗塞は迅速に改善する|病を克服して快適健康ライフ

医者

脳の病気の対策

老人

脳動脈瘤は脳内の血管壁の一部が膨張し、その中に血液が溜まってしまい、神経や脳組織を圧迫してしまう病気です。また、その膨張した血管壁が破裂し、周りの組織に血液が流れ出してしまう可能性もあります。脳動脈瘤のほとんどは先天性で、遺伝が原因であると考えられています。その他の原因として、高血圧、頭部の損傷、感染などが挙げられます。脳動脈瘤は子供よりは成人の方によく見られる病気です。これは高血圧であることや、飲酒や喫煙の習慣があるからでしょう。生活習慣も大きく関わってくるので、日頃から気をつけなければいけません。脳動脈瘤は破裂するか進行が進まない限り、症状はほとんど見られません。進行していくと、突然の激しい頭痛や顔面の麻痺、目の奥の痛みなどの症状か出てきます。

治療法は開頭手術と血液内手術の2種類があります。開頭手術は頭蓋骨の一部を取り出して、治療していく方法です。血液内手術は細いチューブを血管に入れて治療する方法で、体への負担は少ない手術方法です。手術方法は進行状況や症状によって適した治療方法があるので、医師の判断に従って治療を進めてください。治療後の日常生活で制限しなければいけない事は特にありません。しかし、脳動脈瘤は生活習慣の乱れも原因となっているので、生活習慣を見直して改善していく必要があります。喫煙や飲酒も徐々に量を減らしていく事を心がけてください。禁煙、禁酒にまでする必要はありません。それがストレスに繋がる可能性もあるので、ある程度控えていくだけでも十分効果はあります。