脳梗塞は迅速に改善する|病を克服して快適健康ライフ

医者

予防することが可能です

どうして起こるのか

CTスキャン

脳梗塞がどうして起こるのかご存知でしょうか。脳梗塞という病気は、脳に酸素を送り届ける血管に血栓等が詰まってしまうために、酸素を供給できなくなりその血管の抹消にある脳の組織が死んでしまう恐ろしい病気です。脳梗塞になると、命を取り留めたとしても半身不随等の大きな障害が残ってしまうことも多く、何とかして予防したいものです。脳梗塞になる大きな原因としては、動脈硬化と高脂血症等があげられます。動脈硬化とは柔軟であるべき血管が硬化してしまう状態を言い、血管が硬くなると血液の流れを阻害しますから血栓ができやすくなります。また、高脂血症等が続いた場合にも血液自体がドロドロになりますから、やはり血栓ができやすくなると言われています。しかし、自分の血液がドロドロかどうかを判断することは簡単ではありません。そのため不健康な血行状態が続いていても、気付かずに過ごしてしまう方が非常に多いのです。では脳梗塞を防ぐことは不可能かというと、そうではありません。きちんと血液検査や脳の検査を行うことで早期発見が可能なので、心配なのであれば一度内科などの医療機関に相談してみるとよいでしょう。また、動脈硬化や高脂血症は、食生活等を変えることで予防することが可能です。

原因を探ってみましょう

それでは、動脈硬化や高脂血症になる原因を探ってみましょう。一番考えられることは、脂分を多く含んでいる食品の過剰摂取です。血液中に中性脂肪や悪玉コレステロールが増えてくると、血管壁に沈着して血管を硬くしてしまうのです。また、血液自体の粘度も上げてしまいますから、血液がドロドロになってしまうのです。ですから、日頃から飽和脂肪酸が多く含まれる食品をあまり摂らないようにする必要があるのです。しかし、オメガ脂肪酸と呼ばれる脂肪酸は、脂肪の仲間でありながら血液の流れをサラサラにする効果があると言われているのです。このオメガ脂肪酸の代表的なものに、DHAやEPA、そしてαリノレン酸があります。そして、オメガ脂肪酸を多く含んでいる食品を摂ることで脳梗塞を予防することが期待できるわけです。